谷口 憲一郎谷口 憲一郎

人間のカラダは消耗品。メンテナンスする時間は大切です。今回はそんなセッションの様子を書かせて頂きました。

今回、レ・ムーブご来店のお客様は福岡市にお住まいのYさん。

実はYさん、レ・ムーブにご来店されるのは4カ月ぶり。

その頃は身体の調子も良くなっていたのですが…

お久しぶりのご予約になんだか嫌な予感。

そんなYさんがご来店されました。

レ・ムーブのコンセプト

まずはYさんと久しぶりにお会いしたので近況報告からスタート。

そして、いよいよご来店された目的をお聞きしました。

僕の嫌な予感は的中してしまい、Yさんがレ・ムーブに来た目的が腰痛である事が判明。

早速、腰痛へのアプローチを!

と、その前に…

まずはレ・ムーブの使い方のご説明をさせて頂きました。

レ・ムーブは痛みに対する治療を目的とした場所ではありません。

痛みの原因となっているだろう姿勢や動きに対するアプローチをする場所です。

腰痛や肩こりなどのほとんどは不良姿勢によるものが原因です。

姿勢改善のためにストレッチやトレーニングを行い、その結果に腰痛や肩こりが改善します。

と、そこで終わりではなく…

痛くならないように予防する事が大事なんです!

日頃から自分の身体をメンテナンスする方法を知っておく事が大切。

その事をお伝えすると、Yさんも納得されたご様子でした。

さて、ではなぜ腰痛になったのか?その原因の探るチェックからセッション開始です。

腰痛の原因は顎関節!?

レ・ムーブのセッションは「腰が痛いから腰のマッサージ」なんて行いません。

ますは、なぜ腰痛になったのか?

その原因をチェックしていきます。

Yさんの場合は身体をひねる事で突っ張ったような痛みが腰に出ていました。

この身体をひねると痛み…

というキーワードから身体をチェックしていきます。

筋肉のバランス、関節の状態、時には内臓のチェックまで。

僕たちはこのチェックしていく工程を「たどる」と言います。

身体の繋がりを考慮して、「脊柱がこうなら、骨盤がこうなっている可能性が…」と一つのチェックから次の可能性を見つけます。

そして、その可能性をまたチェックして検証して…と繰り返しやっていくので「たどる」と言っています。

今回の結果、Yさんの腰痛を引き起こしている原因は顎関節でした。

腰痛の原因が顎関節なんてとビックリされた様子のYさん。

そして思い出されたように「あ!そういえば歯が痛くて、歯医者に行って…」と。

自分では思いもよらない所から腰痛を引き起こす事があります。

それがたどっていくと分かるんですね~。人間の身体は実に面白い。

さて、原因が分かれば、そこにアプローチしていきます。

細かい内容は省略しますが、まずは顎関節にアプローチして、次に過緊張している腰の筋肉にアプローチして…

セッション終了時には随分、腰痛も改善されてYさんも喜んでいました。

自分の身体は自分でメンテナンスを

でも、僕が嬉しかったのはそれだけではありません。

セッション終了後にYさんが次の予約をされた事です。

「悪くなる前にメンテナンスを」

その事を実感して頂いたようです。さすがYさん!

レ・ムーブでは月に一回でもメンテナンスできます。

なぜなら、その時の身体に合わせたホームエクササイズをご提供するからです。

やはり、自分の身体は自分でメンテナンスする必要があります。

僕たちはそのサポート役に過ぎません。

ちなみに…今回Yさんにお伝えしたホームエクササイズはコレ↓

快適な生活を送り続ける。その為に必要なメンテナンスをしていますか?

The following two tabs change content below.
谷口憲一郎

谷口憲一郎

代表取締役株式会社レ・ムーブ
パーソナルトレーニングを通して、その人の人生を快適にする事が僕の使命であり、なによりの喜びです。どんな問題でも必ず原因があります。そして、その原因は「動作」に表れます。カラダの事でお悩みの方はお気軽にご相談下さい。>>詳しいプロフィールはこちら