竹添 陽竹添 陽

運動は、大切と分かっていてもあまり好きではない、、、そういう方も少なくないと思います。Oさんもそのお一人でした。しかし、続ける事で様々な変化が現れてきました。その内容を記事にしました。

トレーニングを始めたきっかけ

数年前、健康診断を受診した際に「痩せなさい」と病院の先生から言われたOさん。

当時は、運動する機会もほとんどなく、お仕事がら食事会などお付き合いも多く、食生活も乱れがちだったようです。

このままでは良くない!健康のためにも、痩せよう!と思い、運動をされることになりました。

しかし、どんな運動をして良いか分からない。

そこで、効果的な運動をするために、オーダーメイドプログラムのパーソナルトレーニングを受けることを決めたとのことでした。

トレーニングに通うのが辛いことも

長い期間、運動から離れていたOさん。

「始めたころは、トレーニングに行くのが辛いと思うこともありました。」

当時の話しを2人でしているとOさんがおっしゃられたことがあります。

プログラムを提案させていただいた僕がいうのも変な話しですが、そのお気持ちも分かります。
久しぶりの運動に不安な気持ちがあったり、毎回トレーニング後は、筋肉痛。
そして、食事のコントロールなど今までにない取り組みをしていました。

Oさんの場所、ダイエットが目的でしたので

  • 筋肉痛(成長ホルモンを出すため)
  •  食事のコントロール

をポイントに、オーダーメイドのプログラムを作成。

これまでの習慣を変えるのは簡単そうで、難しいですよね。

Oさんも慣れるまでは大変だったと思います。

(慣れたからといってトレーニングが楽になるわけではありませんが。笑)

そんな中でも、トレーニングを続けられたOさんは本当に凄いと思います。

トレーニングの回数を重ねる事に、少しづつ見た目や体重、体脂肪も変化していきました。

1年後の健康診断の時には、その変化に先生も驚かれていたそうです。

スーツや洋服もサイズダウン、Tシャツを着ても、前よりお腹周りが気にならなくなってきた!
と、話しをして下さったOさんの表情はとても嬉しそうで、僕も思わず嬉しくなったのを今でも覚えています。

意識の変化

生活習慣が変わっていったOさん。

運動が辛いと思われていた時期もありましたが、今では
「トレーニングをしないと何か調子が出ない」
「持てる重量が増えていくのが嬉しい」

など、運動に対するお気持ちにも変化が現れてきました。

また、飲み会がある時は、前後の食事をコントロールされたり、日頃からダイエットにも重要な睡眠の確保を心掛けられたりと生活習慣に対する意識も変わられました。

ご自身のカラダに目を向け、実践されるということは、健康的なカラダを手に入れるためにとても重要なことだと思います。

だからこそ、カラダはもちろん、日頃の意識を変えられたOさんの努力は凄いと思います。

現在も、次の目標に向けトレーニング励まれています。

お力になれるように僕もしっかりと頑張りたいと思います!

 思いを形に

繰り返しになりますが、運動があまりお好きでない方も少なくないと思います。

また、運動から長い間離れ運動に対して不安を感じている方も多いと思います。

パーソナルトレーニングは、お客様の目的やカラダ、生活習慣に合わせて必要なことを提供していきます。

  • トレーニングが必要な方にはトレーニング
  • ストレッチが必要な方にはストレッチ
  • 食事改善が必要な方には食事のアドバイスなど

お客様に合わせるからこそ、安全で効果的な運動が可能になります。
また、日常生活でのアドバイスもさせていだきます。

そうすることで、目的達成へと近づくことができます。

簡単なことではありませんが、カラダが変わるのは嬉しいですよね!

レ・ムーブには、子どもからご年配の方、アスリートなど色んな方が来れており、中には、ほとんど運動経験がないお客様もおられます。

ですが、そういうお客様も、楽しそうにトレーニングに励まれています。

運動が大切とは思っているけど、

あまり運動は好きではない、、、

不安がある、、、

それでもカラダを変えたい!変わりたい!

そのように思われている方、一度、レ・ムーブのパーソナルトレーニングを体験されてみませんか?

お客様の「変わりたい!」とうお気持ちを、結果という形にできるように、しっかりとサポートさせていただきます!

The following two tabs change content below.
竹添 陽

竹添 陽

あなたが思い描く「カラダ」で「快適な生活」を送れるように、また「カラダを変えたい!」という思いにお応えするために誠心誠意サポートさせて頂きます。>>詳しいプロフィールはこちら
竹添 陽

最新記事 by 竹添 陽 (全て見る)