竹添 陽竹添 陽

運動をしたいけど、膝や腰などに痛みがあり、思うように身体を動かせない・・・そんなお話しを良くお聞きします。Tさんもそのお一人でした。今回は、そんなTさんの体験内容をご紹介したいと思います。

Tさんは、福岡市中央区在住の30歳代男性です。

スポーツジムに通われたり、ご自宅でもトレーニングをされていたTさん。

数年前に、大分から福岡に引っ越して来られてから運動の機会が減ってしまいました。

その結果、体重が・・・

そこで、再びご自身でトレーニングを再開することに。

ご自宅で腕立て伏せや腹筋、アームカール、スクワットなどの筋力トレーニングや奥様と一緒に公園をランニングされていました。

しかし、2か月程前から走っていると膝の横に痛みが出てきたそうです。

そこで、近くのスポーツクラブで膝に負担の掛からないようにプールや筋力トレーニングをしようかとお考えだったようです。

ただ、その前に「一度、カラダの専門家に見てもらった方が良いのでは」と思い、パーソナルトレーニングを検索していたところ、レ・ムーブを見つけホームページから体験のご予約をされました。

その際に

「2か月前から左膝に痛みがあり、ジョギングやスクワットをしていいのか分からず困っています。」

とメールを頂いていました。

運動はしたいけど、痛みで思うように動けないことを想像すると、辛いだろうな・・・

少しでもお力になりたい!そんな思いでいました。

本当の目的は?

Tさんがご来店され、まずはしっかりとお話しを聞かせて頂きました。

Tさんは、運動する際に膝痛でお困りでした。

しかし、何故運動に取り組まれているのか?

そこが、とても大切になります!!

実際にお伺いすると

「脂肪を減らして引き締めたい」

更に

「10月に、奥さんと南の島へ行くから、かっこいいカラダになりたい!」

それが、Tさんの本当に目的でした。

お話しをしっかりとお伺いする事で、本当の目的、運動の方向性を共有することができます。

目的達成を目指し、お客様と一緒に進んでいくためにも、大切なことですよね。

レ・ムーブでも大事にしているところの一つです。

現状の把握

本当の目的を把握したところで、まずは現在取り組まれていることをお伺いしました。

・ランニング →  膝痛のためお休み中

・筋トレ(自重)

・食事のコントロール

しっかりご自身で取り組まれていましたが、それでも体重が変わらない理由は何故なのか?

Tさんと一緒に考えていきました。

食事の量、タイミング、栄養素、睡眠、運動量、、、

すると、

「仕事の終わりが遅くて、食べる時間が遅いです。」

とTさんがおっしゃいました。

また、夜の食事量が多いことや、栄養の偏りがあることも分かりました。

朝は抜き、昼はサラダ等軽めに、夜はガッツリ!

まずは、食生活の見直しから行うことになりました。

かっこいい身体=良い姿勢

運動面では、見た目を良くしたいということもあり、姿勢作りを提案しました。

姿勢が良くなることで、見た目の変化はもちろん、内臓代謝(基礎代謝)のアップやカラダの動きが変化し、膝痛の改善にも繋がることもあります。

実際に、カラダのチェックとして、姿勢作りにお勧めなスクワットをTさんにしてもらいました。

すると、

「膝は痛くないです。」

とTさん。

身体を正しく動かすことで、膝への負担が減ったことが考えられます。

よく、痛みがあるところが悪いようにとられがちですが、その部位は頑張って動きす過ぎた結果、痛みが出ることがほとんどです。

正しい動きを覚えることで一部分への負担を減らすことできます。

と、Tさんにお伝えしたところ、ご納得の表情をされていました。

より効果を高めるために

正しいフォーム(動き)でスクワットが出来たら、次は筋力アップのためにも重り(負荷)に耐えれることが大切です。

スクワットでしゃがんだ状態で、股関節辺りを下に押すチェックをしてみました。

「オッ!」

Tさんは、思わず尻餅をついてしまいました。

※決して強く押したわけではありません。

動きは良いのですが、今のままでは負荷に耐えれない状態であることが分かりました。

実はこれは、筋力が弱い訳ではありません。

身体の様々な繋がりから、本来持っている力を発揮できない状態になっているだけなのです。

なので、力発揮出来ない原因に対してアプローチを行うことで一時的に動きは変わります!

Tさんの場合、その原因が背骨にあることが考えられました。

Tさんもおっしゃっておられましたが、日頃のくせから背中が丸くなりやすくなっていました。

それでは、体幹も働かず力発揮は難しくなります。

そこで、背骨の機能を高めるために、動き作りや安定性を高めるストレッチやエクササイズを行いました。

すると、背中の動きも良くり

「動かしやすくなりました!」

とTさん。

動かしやすくなったところで、その状態をキープするために、ベンチプレスを行い強化していきました。

久しぶりのベンチプレスに

「トレーニングしてる!って感じがします。」と嬉しそうにされていました。

更に、最初に行なったスクワットでしゃがんだ状態でのチェックをしてみると、しっかりと踏ん張ることができ、

「凄い!止まります!」と、驚きと嬉しそうな表情をされていました。

その後は、自重スクワットを頑張って頂きました。

ステップアップしていけるように

膝の痛みで思うように運動が出来なかったTさんですが、体験を通して膝痛を気にせず運動が出来たことで、どこかスッキリした表情に感じました。

病院にも行こうかとお考えだったようですが、そのお気持にも変化が現れたようです。

しかし、一回の運動で身体が変わることはありません。

だからこそ、日頃の取り組みが大切になります。

Tさんには、食事の改善ポイント、背骨の機能を高めるストレッチやエクササイズ、そして、姿勢作りのために、スクワットを宿題としてお渡ししました。

どのように変化しているか、次回お会いするのが楽しみです!

Tさんが目的達成出来るように、しっかりサポートしていきたいと思います!

 

Tさんのように、痛みなどから思うように運動が出来ない方は他にもおられると思います。

しかし、しっかりとカラダの状態を把握することで、出来ることは必ず見つかります。

そのためにも「運動、カラダの専門家」に見てもらうことも一つの手段だと思います。

いつでもお気軽にご相談ください。

The following two tabs change content below.
竹添 陽

竹添 陽

あなたが思い描く「カラダ」で「快適な生活」を送れるように、また「カラダを変えたい!」という思いにお応えするために誠心誠意サポートさせて頂きます。>>詳しいプロフィールはこちら