植山 緩美植山 緩美

「年齢と共にふんばりが…」「年齢と共に代謝が落ちて…」という言葉は日常よく聞かれます。

今回レ・ムーブに来られたKさんも同じお悩みで、写真に写った自分の姿を見てパーソナルトレーニングの体験を受ける決心をされたとのことでした。

 

今回体験に来られたのは福岡市在住のKさん。

実はKさんは運動経験が無く、運動に対して不安がありました。
しかし日々の生活の中で運動の必要性を感じ、運動を始めることを決意されました。

そこで「パーソナルトレーニング」でマンツーマンでの運動を選択されたとのことでした。
Kさんは数あるパーソナルトレーニングジムがある中、レ・ムーブのHPを見られて体験に来られました。

Kさんの現状をチェック

体重が増えて運動の必要性を感じたKさん。
最終的には「疲れにくいカラダを作りたい!」と言われました。

運動経験のないKさん。
まずは現状がどうなのかチェックしてみなければ、目標設定ができません。

そこで体組成と動きをチェックしていくことにしました。

体組成チェック

Kさんの体重、体脂肪率、筋肉量など測定しました。
中でも体脂肪率が重要ですが、Kさんは標準よりやや高めでした。

体脂肪率から減らすべき体脂肪量を割り出し、目標体重と体脂肪率を設定しました。

姿勢・動きのチェック

それからKさんがどれくらい動けるか、動きのチェックしていきました。
この動きのチェックで、Kさんの骨格や身体の使い方、筋肉のバランスを見ることができます。

 

まずはKさんの前後屈の動きを見てみることに。

この動きは柔軟性のチェックで良く使われるのですが、身体のどの部分の動きが悪いのかも見ることができます。

Kさんの場合、背骨の動きが硬いことが後屈の動きを制限していました。

 

次にキャット&ドックというエクササイズで、背骨と骨盤の動きをチェックしました。

このチェックでKさんは背骨、骨盤共に動きが硬かったのですが、特に背骨の動きが悪いことが解りました。

 

最後にスクワットの動きを見ていくことに。

スクワットの動きではその人の動きの癖もですが、スクワットそのものが安定しているかもチェックします。

Kさんのスクワットに対し軽く抵抗をかけてみると…

後ろにぐらっとバランスを崩しました。
力が入ってなく、不安定なため後ろに崩れてしまいました。

「まずはスクワットで踏ん張れるようになりたいですね(^^)」ということに。

 

これらのチェックから、体験の流れが決まりました。

 

身体の使い方をお伝えしました

1.背骨と肩甲骨の動きを出す

2.背骨と肩甲骨のエクササイズ

3.お尻のトレーニング

4.スクワット

の流れで体験を行うことになりました。

 

まずは肩甲骨のモビリゼーションで動きを出しキャット&ドックというエクササイズを行いました。

 

 

次にお尻のトレーニング

 

 

最後にスクワットで締めました(^^)

 

ところがスクワットを見ていると、Kさんには左の足関節の動きに癖があり、左足に捻じれがありました。

右と左で使い方が違うことで左足のラインが歪んでおり、このままでは足関節だけでなく膝への負担も高まり、トレーニング効果も半減してしまいます。

 

足関節は床と接する唯一の部位であるため凄く大事であり、脳や自律神経とも大きく関係しています。

そこでKさんに左足関節の使い方をお伝えし、部分的にエクササイズを行いました。

脳が形状記憶をするため、再度スクワットをすると足の捻じれが取れ、左右均等にスクワットが出来ました。

再度抵抗をかけてチェックしてみると…

体重がきちんと乗せられて重心が安定したため、グラつきが減りました(^^)

 

 

これにはKさんも驚かれ

「グループレッスンだと動きが早く、癖があるまま動いてしまうんですよね(>_<)」

「マンツーマンだと悪い部分や癖を見てもらえるので改善したいです!」

と言われました。

 

アンチエイジング

スクワットがきちんと出来る状態になったので、最後に抵抗を掛けてスクワットを10回×2セット頑張っていただきました。

スクワットは「キングオブトレーニング」と言われており、アスリートから一般の方まで幅広い方々が行っている、全身に凄く効果のあるトレーニングです。

姿勢改善にも凄く良いトレーニングです。

 

Kさんには「スクワットで踏ん張れるか」を意識してもらいました。

終わった途端「はぁ~(>_<)」という声が出るほど、Kさんは頑張ってくださいました(^^)

 

姿勢はその人のカラダ、精神状態を表しています。

また悪い姿勢(背中や腰が丸まった状態など)は楽ではありますが、最終的に色々なところに負担がかかり疲れやすくなります。

「疲労姿勢」とも言われます。

 

疲れにくいカラダをつくるためにも「姿勢」を変えていく必要があります。

またそれは「見た目」が変わることにも繋がります。

Kさんが次に写真を撮った時には笑顔になってくれるはずでは(*^^*)

 

加齢に対し不安を抱えている方が多いのが現状です。

Kさんもその内のお一人でした。

 

「アンチエイジング」のためのトレーニングを多くの方にお伝えし、少しでも不安を抱えている方を減らしていくことは、私の理念でもあります。

私自身もアンチエイジングに取り組んでいるのですが(笑)

 

せっかく決意してくださったKさんの期待にお応えできるよう、今後もしっかりサポートさせて頂きます!

レ・ムーブのパーソナルトレーニングにご興味のある方は、是非一度体験に来られてください!

https://re-move.co.jp/

The following two tabs change content below.
植山 緩美

植山 緩美

身体が変わることで「人生が変わった」「生活が変わった」と嬉しいお言葉を頂きます。パーソナルトレーニングを通して、お客様に笑顔になって頂ければ本望です。女性ならではの目線で全力でサポートさせて頂きます!>>詳しいプロフィールはこちら