藤本 泰典藤本 泰典

今回のブログでは腰痛改善を目的にレ・ムーブに来られたお客様の初回体験の様子をご紹介致します。

先日体験にお越し頂いたMさん(仮名)はお店の立て看板を見てレ・ムーブをお知りになったとのことで、看板を見た後にスマホで検索頂き、ホームページより体験の申し込みを頂きました。

立て看板は担当のスタッフが月に1回内容を書き換えておりまして、そのことをスタッフに伝えるととても喜んでおりました(^^)

話を戻しますが、初回体験ではお客様の目的を確認する為にカウンセリングから始めていきます。

Mさんがお困りのこととは

Mさんに体験を受けようと思われた目的をお聞きしたところ

  • 筋力(体力)をつけたい
  • 首肩コリ、腰痛の改善をしたい。
  • 冷え性の改善をしたい。

とのことでした。

お話しを進めながら、現在何で一番お困りなのかをお聞きしたところ

「腰痛がひどく、そのせいで実は仕事を休職しています。」

と教えてくださいました。

筋力(体力)をつけたいというのも、30代になってから仕事の疲れがたまりやすくなり整体やマッサージが欠かせなくなった為、筋力トレーニングで疲れにくく強いカラダを根本から作っていきたいとのことでした。

筋トレ自体はなかなか楽しいものではありませんが、それでも必要性を感じて体験までお越し頂いたMさんの気持ちにお応えしたいとトレーナー魂がメラメラと燃えてきました!

Mさんの目的が確認できたところで、身体のチェックへと移っていきます。

身体を後ろに反らせると痛みが出る!?

カウンセリングで得た情報を元に、動きのチェックや姿勢のチェックへと進んでいきます。

Mさんにどんな動きで痛みが出るかお聞きすると、後屈のような身体を後ろに反らせるような動きをすると腰が詰まる感じがして痛い、後は重い荷物を持つような動きを繰り返すと痛くなりますとのことでした。

このことから、Mさんは股関節の使い方が苦手でその代わりに腰(腰椎)を必要以上に動かしすぎているのでは?と推測を立てました。

前屈や後屈、または身体を捻る動きといった簡単な動きでも、人は色々な筋肉や関節を連動させてその動きを行っています。

また、その中の筋肉や関節でどこか動きが出づらい部位があると他の部位がその動きを補って動作を遂行しようとします。

そうやって本来の動き以上の働きをしている筋肉や関節には知らず知らずのうちに負担がかかり、結果的に痛みへと繋がってしまうのです。

Mさんの場合は、股関節の動きが悪い→その動きを補うために腰(腰椎)が動きすぎてしまい腰痛になっている。といった状況でした。

腰の負担を減らす為にも、股関節の正しい動かし方の習得から始めていくことにしました。

固くなった筋肉を緩めるのにはストレッチだけでは難しい?

股関節から腰周辺の筋肉のバランスをチェックしたところ、Mさんは脚の付け根の腸腰筋という筋肉が硬くなっていることが分かりました。

腸腰筋は股関節から腰の骨に付着している筋肉で、反り腰の方は固くなりやすく腰痛の原因になる筋肉です。

股関節の正しい動きを導く為に、Mさんの固くなった腸腰筋にストレッチを行ってみたのですが、痛みが強くなかなか緩んでくれませんでした。

長年痛みを抱えていらっしゃる方はこのように特定の筋肉の緊張が強く一筋縄ではいかないこともしばしば。。。

そこでMさんにはストレッチで筋肉を緩めるのではなく、筋肉を動かし収縮させることで緩めていくアプローチを行っていくことしました。

行った動きはとてもシンプルで下の動画のような動きです。

筋肉は動いた(収縮した)後に緊張が取れて緩みやすくなる性質があるので、それを利用しました。

(肩コリの時などに肩や首を回したら少しスッキリするのもこの筋肉の性質によるものです)

動画のように腸腰筋を集中して動かし収縮させた後、すぐに先ほどと同じストレッチを行うとさっきとは比べものにならないくらい柔軟性が上がっていました

Mさんも

「さっきは痛みが強くて突っ張っている感じでしたが、今は筋肉は伸ばされているのが分かります。」

と筋肉が緩む感覚を実感して頂くことが出来ました。

ストレッチだけで伸びにくい時はこのように一度筋肉を使ってみるというのも方法の一つです。

股関節の使い方を再学習していきます

腸腰筋が緩み準備ができたところで、本題である股関節の正しい使い方を身体に覚えさせていきます。

どんな動きをするかというと、Mさんが苦手だった後屈の動きです。

後屈をする時には腰を反るのではなく股関節から動かすイメージを繰り返し練習して頂きました。

すると、最初はこれまでのクセもあって腰から倒れていたのが徐々に改善されていき、最後には股関節をしっかり使っての綺麗な後屈が行えるようになりました。

もちろん腰に痛みも出ていませんし、これまで怖くて後屈の動きを控えていたのがウソみたいに身体が曲がりますとても喜んで頂けました。

レ・ムーブのコンセプトの一つに『再教育』という言葉があるのですが、このように正しい動き・正しい筋肉の使い方を学ぶことで身体はその場で変わってくれます。

まとめ

今回はMさんの体験の様子をご紹介させて頂きました

体験では股関節の正しい動きの獲得から腰痛改善へとアプローチを行っていきましたが、もちろんこれは1回で完了するものでもないので、Mさんにはご自宅で出来る股関節のエクササイズを宿題という形で行って頂いております。

まずは股関節の使い方を学習し腰の負担を減らし、少しずつ重りを持っての強化トレーニングへと移行していき、最終的には腰に不安を感じることなくお仕事に復帰できるようにこれからサポートさせて頂きたいと思います!

ブログをご覧の方で何か身体でお困りのことがありましたら一度レ・ムーブの初回体験をご検討頂ければと思います。

初回体験の詳細はコチラから

The following two tabs change content below.
藤本 泰典

藤本 泰典

『運動は楽しく、効果的に!』をモットーに運動指導をさせて頂いております。身体が変わると人生が変わります!肩凝り・腰痛改善、ダイエットなど、アナタの成りたい身体を目指して一緒に頑張ってみませんか?>>詳しいプロフィールはこちら